採用マーケティング

人材採用難の時代に・・・

「これまでと同じやり方で人が採用できなくなくなりました・・・」

「採用するのにかかるコストが増えたのに、欲しい人材が採用できなくなった」

このような困りごとをお聞きすることが多くなりました。

業界問わず労働力人口が減少し、これまでの人気業種であっても人材が

獲得しづらい状況になってきました。

本当に欲しい人材は、大手に流れている傾向に

採用でも、勝ち負けが二分化しています。

大手は資本力で媒体などに広告を出したり、人材紹介会社へ優秀な人材を

紹介してもらったりなど堅実に利益を確保している企業が

採用単価をあげています。これにより人材紹介会社や求人媒体などが

増収増益を続けています。

「採用単価・応募単価が下がりました」

これからの時代は、売上をあげることと同じで自社で情報発信する力が

大切になってきます。

求職者目線でみたときに自社の魅力(ひとりひとりに登る階段がある評価制度や

労務環境、実際に働いている方々の声など)を求職者に直接伝えることが大切です。

他の企業も人材採用に苦しんでいます、今後ますます人材が獲得しづらくなってくる中で

インターネットマーケティングで集客力を加速させていく必要があります。

関連記事

  1. 人材の自動集客の仕組み

  2. コンサル,業績アップ

    アルバイト採用

  3. ブルーム株式会社,ブルーム

    アルバイト・パート採用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。