人手不足の実態

ブルーム株式会社,ブルーム

「後継者不足・従業員不足」

みなさまのご商売されている立地で、繁盛していたお店が突然廃業、従業員を採用しても定着せず離職。

また人材募集するが集まらない・・・。このような状況が先般から深刻化しています。

不人気業種ほど、有効求人倍率は悪化する一方。労働力人口は深刻化する中でいま必要なこととは何か?

 

応募数の最大化が前提

事業計画に合わせて、計画的に人を採用していくというのはよく言われていること。

技能も業務に対する姿勢も事業計画の中で欲しい人物像というものがありますが、

この採用難の状況ではまず応募数を最大化する前に組織づくりをするべきだと考えています。

改めて、採用した人材が定着するための教育制度や既存の従業員を含めた評価制度が希薄な状態では

せっかく優秀な人材を採用しても魅力を感じずに辞めてしまうことはみなさまご周知のとおりだと思います・

弊社のお付き合い先で離職率が高い企業は往往にして20〜30名の企業が多く、評価制度というものが希薄です。

組織づくりを始めました、その次は?

この記事をお読みいただいている方々でしたらご理解いただけると思います、

これからは従来の媒体に頼った採用はさらに難しくなってきます。

自社サイトをもち、発信する力も大切になってきますが前提として

人材会社はたくさん求人をしている規模の大きい会社に人材を融通する。

採用できる人数が少なければ少ないほど、人材会社の売上があがる時代です。

採用のハードルが低い企業ほど、人が集まりやすい傾向もあります。

そのような時代の戦略はダイレクトリクルーティング。

ダイレクトリクルーティングについては別日にお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. 採用好調な企業の共通点

  2. ブルーム株式会社,ブルーム

    評価制度の導入の前に

  3. ブルーム株式会社,ブルーム

    労働力人口減少の中で

  4. 人材の自動集客の仕組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。